特殊受けADチョッキアクジキング

どうも、ご無沙汰しております。

かにみそと申します。

なんとなくアクジキングを使ったら、思ったより強かったので、この場を借りて筆を執らせていただきました。

 

このような考察記事を書くのは初めてなので、読みにくい点や配慮の足りない点など多数見受けられるかもしれませんが、その際はご教授願えればと思います。ご了承いただけると幸いです。

 

f:id:meowstic93971:20180211134820j:image

 アクジキング@とつげきチョッキ

性格:勇敢

努力値:H20 A236 D252

実数値:301-166-73-×-105-56

技構成:叩き・地震・岩雪崩[選択]・ヘビボン[選択]

 性格は勇敢で確定、 意地っ張りだと最遅ガルドの後ろを取ることができません

 

考察の主旨

高い特殊耐久で特殊受けと流し性能を活かす

ガモスやドラン、ガルドに対する駒としての採用

 

注意点

環境にほとんど刺さっていない

元々の数値が低いので、アーゴヨン等の並耐久のポケモンは不一致抜群で突いても耐えられるケースが多い

4倍弱点以外なら大体の特殊は受かるが、こちらから打点があるとは限らないので、雑な投げ方はしない

どくみが型に滅法弱い

物理型の相手を基本相手にしないこと

わざわざ特殊受けをアクジキングで器用する必要性はないし、採用する必要性もない

 

 

USMでサザンドラにゲップを習得されたことにより、唯一の差別化できていた毒技の有無は水泡に帰したので、特殊型では地面に耐性のない劣化サザンドラに成り下がりました。諦めて下さい。

f:id:meowstic93971:20180211153517j:image

f:id:meowstic93971:20180211153348j:image

 

 

 

 

UBの王とは一体……。

しかし今作はアクジキングにとって向かい風ばかりではありません。

教え技で逆鱗と叩きを習得することが可能となり、物理面がとても強化されました。

特に叩きの習得が非常に大きく、この技を採用することによって特殊受けとして役割を持ちやすくなりました。

今回は、叩き落とすを採用した特殊受けの型を記述していきたいと思います。

 

調整意図

まずはHDについて

アクジキング種族値はH223と極端に高い数値と、BD共に53というこれにはポッチャマも目を疑う数値で配分されています。

しかしながら、このH223という種族値配分は馬鹿にできず、BDいずれかに極振りしたときの耐久指数はなんと31290。

Dに極振りした個体にチョッキを持たせることで、HD特化輝石ポリ2より硬くなります。(回復手段があるとは言ってない)

具体的な特殊耐久は

C252テテフのムンフォをH20振ることで確定耐え

C252メガルカリオの気合玉確定耐え

C252メガゲンガーの気合玉を超高乱数2耐え

C特化ドランのめざ氷確定5

C特化ゲッコウガの冷B確定3

↑1C特化ポリ2の冷B確定3

↑2ガモスのさざめき確定耐え

↑2霊ボルトの気合玉確定耐え

アーゴヨンの流星群Z確定耐え

ギルガルドシャドーボールZ確定5

C無振りクレセリアの冷B確定8

これだけ見ると本当に強そうに見えるんですよね。

 

問題は物理耐久です。

物理面は一致弱点突かれただけで軽く倒れます。

無補正無振りミミッキュのじゃれつくが確定1f:id:meowstic93971:20180211171450j:image

紙耐久です(無慈悲)

でも実際のところ、アクジキングはあまりマイナーなため、耐久の脆さが露呈されていないのか、それとも圧倒的威圧感のおかげか、対面殆どと言っていいほどミミッキュZが飛んできます。

意地特化なら3匹分喰われますね。

f:id:meowstic93971:20180211171657j:image

特殊型だと思い込んで立ち回ると偶に両刀型に返り討ちにされます。

f:id:meowstic93971:20180211173538j:image

 

余りの努力値をAに割く理由と運用について

ただでさえ火力が低いので、Aに努力値を割かないと相手に負荷をかけられない点が大きいです。

Bに努力値を割いた個体も使ってみましたがまったく火力足りないです。

環境に多い物理枠はアクジキングに弱点を突ける技を持っている個体が多く、役割を持つことは到底できません。

よってAに努力値を割くのが最適解だと思います。

ただし、"アクジキングの火力ではA特化にしても不一致2倍抜群で並耐久のポケモンを確定で落とすことは不可能"なので注意が必要です。

 

確定技

叩き落とす

サイクル単位で、役割対象又はその裏に負荷をかけることができる叩き落とすは確定。

これによって、輝石持ちにも役割を遂行できる。

 

地震

ガルドやドランに対して役割を持つ上で必須。

地団駄は接触技のためキンシの餌食になるからダメ。

 

選択技候補

パーティが呼びやすい相手や役割を遂行したいポケモンに対して刺さるものを採用すればいい。

ヘビーボンバー(テテフ変幻氷ゲコ)岩雪崩(リザYガモス)、アムハン(ポリ2)にドラテ(唯一の起点阻止技)など意外と器用な技を覚えるのでパーティに合わせて採用してほしい。

火力を重視するなら、しっぺ逆鱗の採用もアリだが、前述のとおりアクジキングは3タテを狙えるようなポケモンではないので、特殊受けとして器用し、サイクルを絡めて立ち回る運用がベストだと思います!

 

 

アクジキングと相性のいいポケモン

 

カプ・レヒレ

f:id:meowstic93971:20180512212131j:image

ミストフィールドが強すぎる。

アクジキングは火力が非常に中途半端かつ、鈍足ポケモンなので、鬼火や毒を防ぐことができる点が優秀。

因みにミスト下アゴの流星群Zは、この型のアクジキングのHPを半分も削れない。硬すぎる。

 

カプ・ブルル

f:id:meowstic93971:20180512212511j:image

グラスフィールドが回復手段を持たないアクジキングのHPを回復できる点で優秀。

微量のHP回復は軽視できず、びっくりするぐらい特殊受かるようになる。

グラス下でも対ドランは余裕で殴り勝てる。毒々はやめて。

 

ギルガルド

f:id:meowstic93971:20180512212745j:image

それサザンガルドでよくね?

 

最後に

ここまで記事をご覧いただきありがとうございました!!

また記事を書く機会がありましたらよろしくお願いします><

ご質問やご指摘がありましたら記事のコメント欄もしくはTwitterの方までよろしくお願いしますヾ(。>﹏<。)ノ゙